×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE★留学
〜留学直前!荷物準備スペシャル〜

モドル

留学準備の詳細、公開

私が本格的に留学準備を始めたのは出発1週間前でした。
それまでは何だかんだ理由くっつけて、遊んでました(笑)。
行くことにさほど不安を感じていなかったのですが、なんせ一人での渡航。
心のどこかでその不安を気にしないように必死だったのかもしれません。
1週間で留学の準備をした詳細を、覚えている限りで紹介します。
金額やサイズ、個数なども明記しておきますので参考にしてください。

=役に立ったもの、=持っていけばよかったもの、=無駄だったもの

スーツケース

・サイズ:M

・金額:ベルト含めて18,000円程度

・感想:サイズは小さいのを買おう!と心に決めていたので、予定通り。
3週間にしては「小さすぎない?」と友達から言われるくらいの大きさ。
でも帰りは荷物をパンパンに詰め込んで、19Kgまで行きました。
空港で見つけやすい赤にしました。

洋服

・詳細:スカート×2、ズボン×3、ワンピース×1、キャミ×4、トップス×4、Tシャツ×2

・感想:少なくしたつもりだったのに、詰めているうちに「あれも!これも!」と
気づいたら徐々に増えていってしまった結果です。
途中から学校まで徒歩で行ったりしていたので、スカートはいらなかった。
授業中にゲームで下に座ったりすることもあるのでやはりジーパンが一番です。
周りはワーホリで来ている子がほとんどだったので、素晴らしいローテーション。
もし足りなくなったら現地調達も可能なので荷物は減らしていけば良かったです。
朝晩は冷え込む時期もあったので、厚手のズボンをもう1本持って行けばよかったと思います。

・感想:「いつも履き慣れているもの!」と思って履いていった靴が、微妙にNGでした。
やっぱり毎日の通学にはスニーカーが一番便利だと感じました。
気候的に周りはみんなサンダルでした。
サンダルなら現地でかなり安く売っているので現地調達も可能です。
探せば$10で案外しっかりしたつくりのサンダルも売っているので見つけてみてください。
ビーチサンダルは現地で安く売っているので持って行かなくてもいいと思います。

水着

・感想:私は日本で買って行きましたが、友達二人は現地調達していました。
ナイトマーケットでビキニの上下セットが$30以下で売っているので
持って行っても余裕で買うことができます。
でも、パットがついていないので、付けたいなら別途$10ぐらい必要です。
現地の人はパットなんてつけないんですよ・・・すごいですね(笑)。

バス用品

・詳細:シャンプー・リンス×各1本(サイズ:小)、メイク落とし×1、カミソリ×1、
ビオレトラベルセット(ボディーソープ、洗顔フォーム、タオル付き)×1

・感想:現地調達は可能だが、到着したその日の夜から必要になるものです。
当日になかなか外出できないこともあるので、持って行くことをオススメします。
また現地ものが肌に合わない人などは無理せず必ず持っていくこと。
余ったシャンプーなどは友達が欲しいと言ってくれたので置いてきました。
帰りに荷物になるし、彼女も必要なので言ってもらえてラッキーでした。
ビオレトラベルセットは安くてコンパクトで持ち歩きに便利なので、使いやすかったです。
ただ、量的に見て3週間がギリギリ限度ですね。

サニタリー用品

・詳細:ナプキン(長時間用)

・感想:遅れることがあっても早まることがない私の周期。
なのでそれを見込んでわざわざ3週間に設定したのに、Stay2週間目に生理になりました。
よく「旅行先で環境が変化すると突然くるよ」なんて話しを聞いたりしますが、
まさか自分の身体がそんな敏感だなんて思っても見ませんでした。
あろうことかGreen Islandへ行く週の木曜の夜に生理になってしまったため、
夜中、一人で部屋の中を行ったりきたりして慌てていました。
ナプキンはお守りとして持っていったのですが、量も少なかったので何とか足りました。
保険の為にタンポンも持っていけばよかったと後悔しました。
こういう時に現地のものを使うほど勇気はありませんでした・・・。
それ以前にテンパってるので全部英語で書いてある説明書を
冷静に読解する余裕が全くありませんでした(笑)。

薬関連

・詳細:常備薬(胃薬、痛み止め、綿棒、冷えピタ)

・感想:運良く、薬のお世話になることもなくStayは終了しました。
綿棒やら冷えピタを持っていくくらいなら、バンドエイド痒み止めを持っていくべきでした。
乾燥していることもそうなのですが、変な虫に足などを刺されるんです。
あまりに酷いので現地で買おうと思ったのですが、怖いので辞めました。
10日ぐらい経ったら身体が慣れてきたからなのか?
異様な痒みはピタリと静まりました。
バンドエイドは乾燥しているので、ささくれっぽいものが出来てました。
あと、学校で配られるプリントで手を擦ってしまったり、
家の手伝いをするので手が荒れたりしていました。
ニベアのクリームも持っていけばよかったと思っています。

化粧品

・詳細:通常通り(笑)、リップクリーム化粧水・乳液(アテニア

・感想:アテニアの2週間お試しセットの一部を持って行ったのは正解でした。
ケチって使っていたこともあり、まだ残っています。
後は乾燥対策としてBODY SHOPのBODY LOTIONを持っていくべきでした。
前日まで悩みに悩んで、結局荷物になるから・・・とやめてしまったのです。
化粧品も現地でメイベリンなどが安く手にはいるので特に心配はいりません。
ファンデなどは肌の弱い方には無理そうな香りだったので(笑)やめた方がいいかも。


充電器関連

・詳細:サスコム変圧器、携帯(充電器含む)、MDウォークマン(充電器含む)、デジカメ

・感想:携帯は現地のをレンタルすると高いのでやめました。
日本のものですが海外で使える仕様ではないので、目覚まし代わりに使ってました。
2週間目の金曜日に腕時計が電池切れで止まってしまったので、時計としても歌着しました。
で、何故かデジカメの充電器を持参しなかった私。
実はそんなにアクティビティしないだろうと踏んでいたのですが、結局あちこち出歩き、
初日に子供たちと交流を深めようとデジカメを出したらあっという間に電池がなくなったのです。
いざ!という時には全く役にたちませんでした(笑)。
やっぱりどんなに面倒でも、荷物が増えようと、充電器だけは持っていくべきです。
充電が切れた為、泣く泣く現地で使い捨てカメラを買いました。
27枚撮りで1個$20もしました・・・日本なら1,000円以下なのに・・・。

タオル

・詳細:ハンドタオル(小)×4、ハンドタオル(中)×2、タオル(横長)×1、バスタオル(小さめ)×1

・感想:バスタオルはMomが大きいサイズのを貸してくれたのですが、
Green Islandに行った時やラグーンに行った時などにはやはり小ぶりのものがいいです。
「行くから貸して」とは私の会話力からは出てきませんでした(笑)。
乾燥しているとは言え、日差しは強いので暑いです。
ハンドタオルも必需品でした。
横長のタオルは枕の上にかけていました。
洗ってくれているとは思うのですが、そういうところが妙に敏感なのでこれも持って行って正解。