×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE★留学
〜帰国後の変化〜

モドル

たった3週間の留学でしたが、私の中には様々な変化がありました。
その変化を簡単にまとめました。
あなたも留学後には似たような(いや、それ以上の?)変化があるかも!?




・人生観が変わった

よく「留学して人生観変わった」という話しを聞きますが、本当です。
自分がどれだけ小さな世界で暮らしていたのか?ということに気づかされます。
それと同時に、世界はとっても広いんだということを感じます。
当たり前のことなんですが、日本にいるとなかなか気づけないことばかりでした。

私のクラスメイト達はみんなワーホリでCairnsに来ている人ばかりでした。
1年間オーストラリアをラウンドして帰るとか、USAに飛ぶとか・・・。
自分がいかに甘えてCairns行きを決めたか、思い知らされました。
自分はまだまだだと何度も思いました。

 

 

・活字を読むようになった

これは特に新聞を読むようになりました。
前から「小説」などは良く読む方でしたが、世の中の動きを知りたいと思うようになりました。
これだけ情報が溢れている社会なのに、自分が知っていることはほんの一握り・・・。
自分の国の事情をStay先で話すことができないことが、どれだけ惨めなことかわかりました。

 

 

 

・ニュースを見るようになった

しかも民放ではなく、NHKを良く見るようになりました。
一つのニュースを詳しく分かりやすく伝えているのがNHKだと感じます。
人それぞれの好みがあるので私個人の意見です。
当然ですがNHKにはCMというものがありません。
Cairnsでは「CMも勉強」と思ってみていましたが、日本はやはりCM多すぎですね・・・。

 

 

 

・出会いは「一期一会」

Cairnsで出会った人たちは、もう二度と会うことができない人もいます。
それがたとえ日本人であろうとも・・・。
こんな風に人との出会いを大切にしようと思ったことがありませんでした。
たくさんの人に出会って、たくさんの思い出ができた。
私にとっては最高の宝物です。
これから出会う人、全ての出会いが「一期一会」だと思って接していきたいです。

 

 

 

・やりたいと思ったことはやってみる

前々から「やりたいと思ったことはやる派」でしたが、
留学を通してその思いが数段、強くなりました。
時間は無限にあるのではなく、有限です。
留学やワーホリだとその思いはいっそう強くなります。
3週間のうちに何ができるか?何を得られるか?どこまで成長できるのか?
日々の生活の中では、なかなか強く思えないものです。
やらずに後悔するよりも、やって反省した方がいい!
その経験が、いつか必ず役にたつ時がくるはずです。
人生において「無駄なこと」など、一切ない気がします。

 

 

 

・人見知りしなくなった

前からそんなに『激しく人見知り』なタイプではなかったのですが、
自分から話しかけていかないと、会話が始まらないことを思い知りました。
困ったことがあったとしても誰に聞けばいいのかわかrなあい。
そういう状況に何度も陥った時、「あの人わかるかな〜?」とか考えているよりも
聞いてしまった方が何倍も早かったりします。
日本ではためらって自力で何とかするタイプだったのですが、
それすら通用しない海外で、人と接する時の自分の対応が変わりました。