×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE★留学
〜節約&貯金のキッカケ〜

モドル

節約と貯金のキッカケ

貯金をしよう!と思ったのは当然、退職をしようと思い出した頃から。
正確に言えば2003年の12月から本格的に貯金を始めました。
この月から実質、ボーナスという定義がなくなってしまった前の会社。
自己管理が大切になると思ったので、とりあえず今までのボーナス分÷6ヶ月+1万=月々6万
別の口座へと移すことにしました。
元々、MS銀行とM銀行の口座を入社前に開設させられ、その両方だったら手数料は無料だよー、
ということだったのです。

その前も日記振り返ると結構必死になってお金貯めてるのが伺えます。
でもやっぱり「旅行貯金」とか、ある一定の目的に向かって・・・というものばかり。
その時が過ぎると見事にスッカラカン♪でした。
元々私は趣味に投じる金額が余りにも多かった為、ほとんど貯金をしていませんでした。
最初のスタートはまだボーナスが存在する時に母親に頼んで入金しておいた60万円のみ。
後は何に使ったか分からないような状態で、消えていきました。
貯金と節約には密接な関係があることが分かりました。
人間ってどうしても欲が出てくるものだと思います。
給料から生活費を引いた残金が思っていた以上に少なかった時、
私はかなり愕然としました。
それでも今までの不摂生を懺悔し、必死になって電卓をはじいた結果の生活費でした。
目標の月に目標金額まで達するにはもっと努力をしなければならない。
ここで生じるのは欲とジレンマでした。
たくさん貯金はしたい、でも、洋服代などをケチってまで増やす勇気がない。
いかに楽しく美しく貯金するか?ということを必死に考えました。

そうすると無駄な物が色々と見えてくるものです。
今までストックがあるにも関わらず手を出していた新商品のコスメや生活用品、バス用品。
買うことでストレス発散になっていた洋服も回数を減らして節約することができました。

現在も試行錯誤の真っ最中ですが、コツを掴めば大丈夫です。
キッカケや目的、目標が違えど貯金は大切です。
一つでも多くのアイディアを取り入れて、ベストな環境を作ってください。