×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE★留学
〜「節約」と「ケチ」との差〜

モドル

・「節約」と「ケチ」、どう違う?

 


あなたは「節約」と「ケチ」の境目って分かりますか?
価値観は人それぞれだと思うので、一概に「こう!」とは言えませんが、
頑張って節約しているのに「あの人ってけちよねぇ〜」とはやっぱり言われたくないです。
じゃぁ、どうすれば「節約家」として周りに見てもらえるのでしょうか?

 

私なりに考えたのはやっぱり「身なり」です。
「人は第一印象で80%が決まる」という話しを聞いたことがあります。
確かに人を見かけで判断してしまうのは間違っているかもしれませんが、
逆に考えれば身なりをキチンとしていれば、最初の印象は80%好印象になる可能性があるのです。
そう考えると、最初っから相手に好印象を持ってもらったほうがラッキーですよね。
その後、イメージが悪くなったり良くなったりするのはその人の問題になってしまいます。
(口の利き方、態度、などなど)

 

身なりを良くするというのは、一体どういうことなのでしょうか?
何も洋服のトータル金額が高ければいいってものではありません。
安い服を着てはいけないというのでもありません。
例えば女性ならスカートやパンツ、靴、ジャケットなど人の目につく所は
値段の張る(どっかの知らない店で2,000円とかではなく)物を選んでみてはどうでしょう?
高いものはやはり人と並んだ時に、見る人が見れば分かるものです。
自分自身の意識も変わってきます。
「これは高かったから大切にしよう」と思えばおしとやかになって、女性らしく見えたりもします。

 

でも全てを○○デパート購入!としていると、さすがにお財布が追いつきません。
そこで私は高いものと安いものを組み合わせます。
カーディガンの中に着るキャミは地元のお店で1,000円とか。
トップスは安くてもスカートにはこだわるとか。
ちょっといいものを加えるだけで、印象がぐんと変わってくるのではないでしょうか?

 

全身あわせて1万円コーディネート。
それもすごいかもしれませんが、「それなり」にしか見えないことも確かです。
もう学生ではないですから、「社会人らしい」服装を目指してみるのもいいかもしれません。


私の私物で申し訳ないのですが、似たようなデザインで色のものがコレしかありませんでした。
左はバーゲンで買ったかなり安物(千円台)で、右は以前大好きだったブランドのもの(4千円台)です。
同じグレーのカーディガンでも左は生地がペラペラしています。
中に入れているキャミは同じなのに、印象が少しですが違って見えます。